五山送り火
鳥居形
左大文字
船形万灯篭
松ヶ崎妙法
松明の火を空に投げて霊を見送る習俗から山に点火するようになったとの説があります。その他に弘法大師が護摩の行から始めたという説や足利義政が息子の冥福を祈り火を点じたという説があります。
精霊を送る京の夏の風物詩。
送り火のから消し
京のならわしで、「送り火の火床に残った消し炭を半紙にくるんで水引をかけて家の門口に吊るすと厄除け盗難除けになる」といわれています。
その他に「水や酒を丸い盃に注ぎ、そこに送り火を映して飲むと中風にかからない」などがあります。
大文字
松ヶ崎妙法
船形万灯篭
左大文字
鳥居形
20:00
20:10
20:15
20:15
20:20
送り火点火時刻
(松ヶ崎西山)
(西賀茂船山)
(大北山)
(曼茶羅山)
(如意ヶ岳)
点火前に弘法大師堂ではいっさいの無事を祈願して般若心経の読経があります。ここで灯された灯明の火を金尾と呼ばれる大の字の中心に移した瞬間に全ての火床に火が灯り、五山の送り火が始まります。
(松ヶ崎東山)
 銀閣寺裏の大文字山に登りました。
送り火の日、銀閣寺から登りました。送り火当日、銀閣寺登山口からの入山は午後5時以降禁止されています。
(2006年度より、当日の登山は、点火作業に支障をきたす。事故防止などの理由により禁止となりました。)
 点火するまで。
日が沈むと次々と灯りがともり、素晴らしい夜景を見ながら点火される時刻を待ちます。
 点火。
街のネオンが一斉に消え大文字の中央部に松明の火で点火されれると、それを合図にその他の火床が点火、眼下の街ではストロボが次々とひかり続いています。。
2003年8月16日 18時ころ 撮影
大文字